サポート

FAQ

Visual Modeler について
Visual Modeler UNIX版について

●最新の Visual Modeler の Version

最新版は V3.2 です。
UNIX版は販売・保守を終了しています。 UNIX版の最終版は V1.4 です。

●Visual Modeler のトレーニングについて

Visual Modeler では、2〜3日間の基礎コースと応用コースを用意しています。 基礎コースは、Visual Modeler の機能紹介、操作方法、例題作成などを通じて短時間で実用的なレベルのダイナミックシミュレータを構築し、運用できるように構成されています。 応用コースでは、Visual Modeler が内部で利用しているダイナミックシミュレータのモデル計算アルゴリズムの概要紹介及び、オリジナルな物性計算方法または用途に応じてプロセス計装のユニットを作成する手法の説明とこれらの実習を通してダイナミックシミュレータを広範囲に使いこなしていただけるように構成されています。


Visual Modeler について

●V3.2 のインストールに必要なシステム構成はどうなっていますか?

こちらをご確認ください。

●Visual Modeler が起動できなくなった

Visual Modeler をライセンスの数以上に起動したり、前回の実行中にコンピュータを非正常に停止させた場合 Visual Modeler が正常起動しなくなる場合があります。 この場合には、インストールフォルダの bin\killer.exe を実行してください。 その後立ち上がらない場合には、一度ログオフしてから再度ログインしてご利用ください。 上記の手順でも正常に起動されない場合には、ハードウェアキーが正しく差し込まれているか、接触不良になっていないか、ライセンス期限が切れていないかご確認ください。
インストール直後にVisual Modeler が起動できない場合には、起動権限のあるユーザでログオンしているか確認してください。インストールオプションで、「メインパソコン側のインストール(各種設定なし)」以外を選択された場合には、Visual Modelerをご利用いただけるユーザでログオンしていただく必要があります。

●編集状態でどのユニットを選んでも作成エラーが発生する

ソフトウェア要件に記載の Visual Studio がインストールされ利用可能かご確認ください。 Express Edition も利用可能です。

●オンラインマニュアルが表示されない

OmegaLand のマニュアルを画面上で参照するためには Adobe Reader が必要です。 使用するパソコンにインストールされていない場合には、アドビシステムズ株式会社の 下記サイトから無償で配布されていますので、ここから取得の上インストールしてください。
//get.adobe.com/jp/reader/
使用するパソコンのネットワーク環境上 Adobe Readerの取得が難しい場合は、 「サポート」→「お問い合わせ」のページ を参照の上 ご連絡ください。


Visual Modeler UNIX版について

●UNIX版の製品は販売を終了しました。 Windows版をご利用ください。